お金を借りる至急窓口 ~即審査・即日融資のキャッシング!~

お金を借りる至急窓口では即日融資のカードローンサービスを集めてみました!

 

今申し込めば、最短本日中に借りられる可能性がある!

即日融資 審査時間 年金利 借入限度額 備考
アコム 簡易審査3秒 3.0%~18.0% 800万円 詳細ページ
レイクALSA 最短15秒 4.5%~18.0% 1万円~500万円 詳細ページ
プロミス 最短30分 4.5%~17.8% 1万円~500万円 詳細ページ
SMBCモビット 10秒簡易審査 3.0%~18.0% 800万円 詳細ページ

 

各社審査には、職業や収入情報を金融機関に提出し、最後に本人確認書類(免許証等)を契約手続き時に準備すれば完結です。来店不要(WEB完結)で申し込み可能で最短即日でも借入が可能になるネット契約が断然おすすめです!

※在籍確認が行われる場合がございます。

※アコムはお借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要

 

お金を借りる至急窓口 コラム

「今日中にお金を用意しないと・・焦るけどどうしたらいいのか・・」

どうしても至急でお金を要しなければいけない事態に陥ったときに、どのように行動すればよいでしょうか。
実際にその状態になってから色々調べても、冷静な判断が出来ない可能性がありますから、出来れば先に用意だけはしておいた方が良いでしょう。

ただし、今まさにその状況でこの文章を読んでいる方も居るかもしれませんから、先にベストの行動な何かの結論だけ書いておきます。

それは「消費者金融にWEB完結申し込みをする」ことです。

これが最短でお金を借りられます。 最短とは具体的にどのくらいの時間でしょうか。 WEB申込みから、自分の口座にお金が振り込まれるまでの時間で1時間ほどです。

WEB申込みという事は、どこにいようとその場からできますから、つまりいつでも1時間あればお金が借りられるという事になります。

これが最短の方法です。

ただし、用意が必要なものあります。 それは「免許証などの身分証」「健康保険証」「給与明細などの収入を証明するもの」の三つです。

といっても、現物を持ち歩く必要はなく、それらをスマホで写真を撮っておいてください。 これらがデータとして持っていればいつでもスマホで完結出来ます。

もう一つは、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座が必要です。

もし持っていなければ、口座を作っておきましょう。

これで準備は完了です。 もし、突然何かあっても1時間程度で借り入れできると思えば、だいぶ心にゆとりが出来たと思います。

さて、続いては「消費者金融」とはいったい何を指すのかについて具体的な会社名などをあげながら解説してみます。

テレビCMなどで、色々な会社がキャッシングに関しての広告をしているので、違いについてとても曖昧になっていると思います。

ですが、気を付けないといけないのは、似たようなカードローンのCMでも実際は全く違うものであるという事です。

例えば、CMでよく見る三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローンは、メガバンク系カードローンと言って、アコムやモビットなどの消費者金融系カードローンとは別物です。

一見すると「カードローンだから同じようなものだろ」と思ってしまうので注意が必要です。

メガバンク系カードローンは銀行法によって規制されているので、どんな条件であっても即日融資は出来ません。 最低でも一日以上の審査が必要です。

ですから、至急でお金が必要な方にとっては、選んではいけないという事になります。

それに対して、先に説明した通り即日融資、しかも1時間程度で融資してくれるのが「消費者金融系カードローン」です。

具体的には、アコム、プロミス、モビット、レイクなどがあります。

至急でお金を借りる必要が出た場合は、上記から選べば良いという事です。

大まかに違いは分かったと思いますから、更に突っ込んで、上記の消費者金融の中でのお勧めについても触れてみます。

ここから先は私の個人的な意見が強くなります。 というより私がどうやって選んだかという実体験ですね。

私が選んだのは、モビットでした。 その理由はシンプルで「審査時に勤め先への在籍確認がない」からです。

逆にアコムやプロミスでは、「在籍確認」を基本としています。 ※ただし必ず行うわけではないようです。

私は職場で営業職ではなく事務職なので、私宛に電話が来ることがほぼ無い環境です。 そこへ個人名で女性から電話が来たら(男性か女性か分かりません)変な噂が出るリスクを感じました。

それでもアコムやプロミスを検討した理由は、そちらの2社には「初めての利用で30日間金利ゼロ」のサービスがあったからです。

私が今回消費者金融を利用したのは、もちろん急な出費による金欠でしたが、半月後にはボーナスがあって一括で返せる見込みがあったからです。

そうなると、アコムやプロミスであれば、金利の支払いがゼロで済みます。 ですから本当はそちらを使いたかったのです。

しかし、今回の借入額と金利を計算してみたところ、3000円程度でした。 これなら電話が来るリスクの方が高いなと思ったためモビットにしました。

ちなみに、30日を超えてしまえば同じだという事もモビットにした理由でもあります。

モビットで申込んだ感想としては、「簡単すぎて、大丈夫?」と心配になるほどでした。

家からWEB申込みをしたので、誰とも会わず、電話すらせず終わったからです。 あっという間に自分の口座の残高が増えて、逆に怖ささえ感じました(笑)

私は他では借り入れがないので、審査はそれほど心配していなかったのですが、それでも少し気になったので、簡易審査もやってみました。

これは、WEBサイトにある簡単な審査です。 結果も数秒で出るので安心材料としてやっておくとよいかもしれません。

その後の本審査が30分くらいかかったと思います。 結果はメールで届きました。 それで借りられる枠が決まります。

その中で今回借りたい額を、入力すると自分の口座に振り込まれるといった感じです。 すべてがネット上で事務的に進むので対人的なストレスはゼロですね。

消費者金融と聞くと、昔の悪いイメージを持つ方も多いかもしれませんが、今は全く別物ですね。

その後いろいろ調べたのですが、クレカでリボ払いにしている人は、消費者金融で借りて奇麗にした方が得ですね。

それも怖いことなく借り換えできるのですから、WEB申し込みはお勧めです。 調べれば調べるほどリボ払いは闇ですよ。

私の場合は、借りてから予定通りにボーナスで一括返済しましたが、その後も解約はしていません。

何かあったときに今度は審査がない分、数分で振込してくれるのですから、安心材料としてそのままにしてあります。

もちろん使わないのが一番ですけどね。

おかねを借りる至急窓ロについて、解説しました。 窓口と書きましたが、今の窓口は店舗ではないという事です。
店舗の窓口などにはいく必要がなく、WEBが窓口という事です。 ただし最初に書いた通り、用意が必要なものがありますから、念のため用意しておきましょう。

そうすればいざという時にバタバタせず、冷静な判断をすることが出来ます。

お金の悩みは相当深く重く、年に数千人の方がお金が理由で自らの命を絶っています。
実際には日本ではどんな状況になろうとも法が守ってくれますから、命を絶つ必要などありません。 そうならないためにも最低限の知識を得ておきましょう。

これらは債務整理の知識になりますが、その前段階即日融資の知識について書いてみました。

お役に立てたのであれば幸いです。
 

今申し込めば、最短本日中に借りられる可能性がある!

即日融資 審査時間 年金利 借入限度額 備考
アコム 簡易審査3秒 3.0%~18.0% 800万円 詳細ページ
レイクALSA 最短15秒 4.5%~18.0% 1万円~500万円 詳細ページ
プロミス 最短30分 4.5%~17.8% 1万円~500万円 詳細ページ
SMBCモビット 10秒簡易審査 3.0%~18.0% 800万円 詳細ページ

 

各社審査には、職業や収入情報を金融機関に提出し、最後に本人確認書類(免許証等)を契約手続き時に準備すれば完結です。来店不要(WEB完結)で申し込み可能で最短即日でも借入が可能になるネット契約が断然おすすめです!

※在籍確認が行われる場合がございます。

※アコムはお借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要